2009年 11月 13日

にゃんこ行方不明


このブログによく登場する我が家で飼っている
白猫レオが行方不明になり
ブログをする気がおきませんでした。

逃げた日から、毎日寝る前に日記を書いていました。
それを (個人名、店舗名など入っていたので) ブログ用にして掲載しています。

レオがいない5日間。

とっても長いです。
猫が大好きな方ならどうぞ。



レオ失踪日記


11月6日 金曜日 晴れ 失踪1日目

18時30分に自宅に帰宅。
いつも車庫から窓越しに出迎えてくれるレオの姿がない。
窓から家を覗くと、父が切なそうが顔で 「逃げた」 と。
窓越しだったので、声は聞こえなかったが表情でなんとなくわかった。

父は、レオにリードとつけて外に出していたそう。
家でリードをはずした瞬間、少し空いていた戸の隙間から
猛ダッシュで出て行ったとのこと。

前から父には注意していたのですが、私が不在の際
頻繁にレオにリードをつけて外に出していたそうで・・・
父は良かれと思ってしていたことなので、責めませんでしたが
猫にとって リードをつけて外に出すことは
「自由を拘束される行為」 とてもストレスがかかるそう。
それをされたが故にリードを引きちぎって逃げた猫の事例もありました。

夕方といえども、もう外は暗い。
一通り探すが、レオの姿は見えない。

父は何か違う件で機嫌を損ねたらしく
(これくらいの歳のお父さんは難しいのです 汗)
茶の間でテレビを観て、探すことをせず早々に自分の部屋に消えて行った。

レオが自分で網戸を開けて脱走することはよくあった。
しかし、2時間程度でお腹を空かせて戻ってきていたので
父は心のどこかに、それがあったかと。

ワタシと母は、30分刻みで探す。
レオが脱走すると、いつもだったら姿を目撃しつつ逃げられるパターン。
今回は、1回も姿が見えない。
なんだか嫌な予感がした。
いつも帰ってくる2時間を超えてもレオは帰ってこず。
外の気温もどんどん下がり10度以下に。白い息が出る。
毎晩、暖房でぬくぬくしているレオは寒くないだろうか・・・
涙が出そうになる。
夜中も1階で玄関、窓を開け
(余計な音が聞こえるので) テレビを消し待機。
夜中も眠れず、朝方ちょっと眠りにつくが
路頭に迷ったレオが怖いおじいさんに杖で叩かれる夢を見て
息切れしながら目が覚める。
まだ外は暗い。
そして玄関と窓は寂しく開いたままレオはいない。


11月7日 土曜日 晴れ 失踪2日目

日が昇る、外に出ると近所の人とレオを呼びまわっている父の姿。
ワタシも探す。明るいとどこもかしこもよく見えて探しやすい。
聞くと父も寝れなかったそう。相当参っている様子だった。
近所の人に聞き込み。協力的な近所の方々ばかりで嬉しかった。
保健所に連絡。休みの為、警備室に繋がる。
後に、職員から自宅に連絡があり丁寧な対応をしていただいた。感謝。
市役所に連絡。日直の職員が素っ気無い対応。ちゃんと担当課に伝わるか不安。
最寄の動物病院2件に届出する。どちらの動物病院も全く同じ手順で特徴などを
聞いてくるマニュアルでもあるのだろうか、どちらも丁寧に対応してくれ
警察にも届け出るようにとアドバイスを頂き警察にも連絡した。
昨夜冷えたせいか、20度を超えるとても暖かい日。
日が暮れるまで、歩きや自転車で、探しまわった。

迷い猫の張り紙作成の材料を買出し。
「一体、何枚書くの!?」 ビックリしている母の声も聞こえたが
何かにとりつかれたかのように書き続けた。
何かしていないといてもたってもいられない。泣きたくなるので。
e0125732_23441219.jpg
コピーでも良かったはずなのに
画用紙がなくなるまで書き続け、書き終わって我にかえると
e0125732_23501591.jpg
張り紙に使用したこの写真。
澄んだ目でこっちを見つめる写真にやられてしまい、泣いてしまった。
家族全員、写真がまともに見れないほどになっていた。

していない猫の鳴き声が聞こえ (幻聴) 慌てて外に飛び出し探すこと数回。
夜中だったので、ひとまず自宅の塀、車庫に張り紙を貼る。
今日も1回も姿を見ることが出来ず、2日目が終わる。
朝方まで寝れない。寝ても熟睡できない。


11月8日 日曜日 晴れ レオ失踪3日目

ほとんど寝れてないせいか頭が痛い。
家に張り紙が更に追加されていた。父が貼ったらしい。
会社で、完全室内飼い猫を今まで10匹以上飼ったことのある方がおり
到着するなり相談。
轢かれたりしなければ、7~10日で痩せて帰ってくるとのこと。
慰めで言ってくれてるのかと思いつつも、少しの希望で元気が出る。
昼休み、母も少しは希望がもてるのではと思い会社の人から聞いた話を電話した。

仕事が終わり家に着き車を車庫へ。つい、レオがいつもお出迎えしてくれる窓を見る。
やっぱりレオはいない。切ない。
ドラックストアー、コンビニに張り紙を貼らせてもらう。
たかが張り紙だが、実際頼むとなると勇気がいるものだ。
着いてきてくれた母親に感謝。
(千葉に住む) 兄とレオのことは避けてメールのやりとり。
約2年前、千葉の路頭で迷う幼いレオを兄が保護。
3ヶ月育て、新潟に連れてきてくれた。
兄に余計な心配をさせることになるのでレオが脱走した件は秘密。
とても相談したかったが我慢、秘密って辛い。
夜にレオを探す際、近所で車泥棒&車上あらしが流行っているので
夜中に懐中電灯で車の下を覗き込んでるし通報されたら嫌だな。
(ワタシが被害者1号ですが・・・)
わりと暖かい夜だった為、0時過ぎから長時間探すが姿すら見えない。


11月9日 月曜日 曇り時々雨 レオ失踪4日目

土曜日に連絡した市役所が怪しかったので、もう1回電話をかけてみる。
伝わってなかったが、伝わっていたかのように対応していたのがわかった。
白猫が轢かれたなどの情報は入っていないとのこと。
ほっとした。
午後1時から、恐れていた雨が。時折強く降る。
昨日承諾してくれたコンビニにポスターがなくガックリする。
張り紙をあるスーパーにお願いするが断られる。
店長に頼みに行ったバイトの子が店長が出てこないがために
申し訳なさそうに謝ってくれたのでこちらも申し訳ない気持ちになった。
このスーパーの張り紙コーナー?は
だらしがなく「禁煙」のポスターが逆さに貼ってあった。
こんなところに貼っても効果がないと思うことにした。
あと、ここではもう買い物しない! (笑)
さきほど断られたこともあってダメージが大きかったが、落ち込んでいる場合じゃない。
自宅から一番近くのスーパーにも張り紙をお願いする。
店長が 「前から頼まれて貼ってある猫ちゃんのがあるんですよね・・・」 ボソッと
言ったのでダメかと思ったが、「いいですよ~」 と張り紙を受け取った3秒後には
前からあるたずねねこの張り紙のとなりにレオの張り紙も貼ってくれた。
行動が早くてとても優しい店長。感謝。

どこへ行くにも車移動の田舎。どこに貼ったら一番効果的か。
みんなが必ず車から降りる ごみ収集所脇の電柱に
(悪いことは知っています スミマセン 大目にみていただきたい・・・)
跡が残らないような、弱粘着テープで貼った。
夜中も探したけどいない。他の猫すらみかけない。
早い速度で飛ばすトラックなどを見ると
よからぬことを想像して泣きそうになってしまう。
レオも頑張っているだろうからそんな想像よそう。
早くみつけてあげられなくてごめんね。
どこにいるんだよ。今日もなんの情報もないまま1日が終わる1時41分。
明日はパン屋さん とまた違うスーパーに張り紙頼もうかな。



11月10日 火曜日 曇り レオ失踪5日目

朝、父と母は 「レオは戻れないような遠くに行ってしまったんだよ・・・」
ワタシに悲しい顔で言ってきた。
昨日の雨で窓の外に蒔いた猫砂が水分を含んで粘土状になっている。
電柱に貼った張り紙には結露。電柱に巻きつけた弱粘着テープが少しはがれていた。
毎日、少しだけ開けている窓や玄関をいつか閉めてしまうのでは・・・
家族の一員だったレオが忘れ去られるみたいで切ない気持ちになった。
ワタシは諦めないし、窓が閉められても開け続ける。
市役所、警察、保健所、動物病院から、轢かれたなどと情報もきていないし
たった2年しか生きてないのに。そんな悲しいことあるわけがない!
なにより、あの仔は頭がいい。お手も1日で覚えた。
うまくやっているに違いない。
『レオは生きている』
マイナス思考のワタシだが、珍しくそう思った。
あまり寝れてないし、職場では (申し訳ないが) うわの空。

そこへ、。ワタシ宛に電話が。
「○○さんからです。」 覚えのない苗字。
誰だろう・・・電話に出てみると
相手は警察。(職場に気遣い苗字だけ名乗ったらしい) 
もしや、レオのことでは!? 「ドキッ」 とした。
レオが轢かれたなどではなく、
2ヶ月前にワタシの車を盗んだ犯人が捕まったとのこと。
これで気持悪さを感じなくて済むし、嬉しかったが
こんなことで運を使うのであればレオが見つかって欲しいと思ってしまう。
しかし、この件は完全に諦めていたので、ワタシはツイてるかもしれない。
これからこの調子でレオも見つかって。
職場では、なにもできないので
なるべくレオのことを考えないように頑張った。

・・・15時07分
母から電話。
普段絶対仕事中はかかってこないので レオだ!!

電話の向こうの母はかなり興奮していた。

「レオが帰ってきたよ!帰ってきたよ!!」
母は泣いていた。

何を聞いても、とにかく 「レオが帰ってきた!」 ばかり。

窓の外でケンカをしている猫が黒っぽいねこが2匹。
最初はレオだとわからなかったとのこと。
長いシッポが見えた途端、レオだと判断して名前を叫んでみる。
ケンカをしながら遠くへ行ってしまったはずが
真っ黒になったレオは母の元に戻ってきたそう。

本当に良かった。職場の給湯室で涙。
30分後。また母から着信。
パニック気味の母。
レオが興奮して落ち着かないそうで、早退してきて!!
とのこと。
ワタシが聞く限り、レオより母がパニックだったので (笑)
今すぐ帰りたい気持ちは山々だが、母をなだめる。
その30分後、電話で様子を尋ねるとレオはごはんも食べ落ち着いたとのこと。
母も落ち着いたよう (笑)

仕事が終わる時間が果てしなく長く感じた。
急いで家に戻る。

途中、朝はがれかかっていた電柱のテープが
誰かに直されていることに気付く。優しい方ありがとう。

いつもの車庫の窓からのお出迎えはなかったが
台所へ行くと、灰色になったレオを抱きかかえる母、隣でレオに話しかける父の姿があった。

今まで普通だったことが本当に幸せに感じた瞬間だった。

e0125732_21551932.jpg
拭かれ続け薄い灰色になったレオ。
普段は、人に媚を売らない性格なのに
この日は、1日中ゴロゴロいっていたね。
よほど寂しかったんだね。頑張ったね。
e0125732_21554594.jpg
手まっくろになっちゃったね。
この小さな足で一生懸命戻ってきてくれてありがとう。

「この子はうちに強い縁のある子と思ったよ。」
「これから何があってもずっと一緒だ」 父が言った。


最寄の動物病院に連れて行き抗生物質を打ってもらう。
かなり汚かったのでノミの検査もしてもらうがついていなかった。
むしろ、ノミが寄生しないような工場のススみたいなもので
毛が染まっていると獣医師は言っていた。
洗ってもらおうとしたら、洗う際は全身麻酔が必要とのこと。
そこまでしなくても、猫は毛づくろいが好きなので気長に白くなるのを待つことにした。


電柱、各店舗に貼らせてもらった張り紙を回収。(これ重要)
各店舗の店長にお礼を言う。

次の日
市役所、警察、保健所、動物病院、に見つかった旨を報告。(これも重要)
動物病院の受付の方は特に喜んでくれた。



本日 仕事から帰ると
e0125732_21522622.jpg
いつものようにお出迎えにくてくれました。
本当に嬉しかった。また家に帰る楽しみが増えます。
決死?の毛づくろいにより、白色に近づきました。

レオはすっかり元気になりました。
元気すぎて、困るくらい (笑)

ここまで読んでくれた方 (いるのかな?) ありがとうございます。 お疲れ様でした。
これからも、元気なにゃんこの写真をブログに載せていきますね!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ←ランキング参加中です。
「のんびりニイガタにっき」 は本日何位? 
ランキング下降中 (笑)
クリックするとランキングが確認できます。


[PR]

by potatohead917 | 2009-11-13 00:53 | にゃんこ


<< ワタシの車が盗難されました フ...      死にたいくらい憧れた〜♪ >>