2007年 09月 21日

人形町 今半

9月15・16・17 日 と東京へ行ってきました。
面倒になってきましたが、少しずつUPしていこうと思っています。

9月15日 早速、お昼は東京駅から新宿へ向かい 人形町 今半 新宿高島屋店へ
e0125732_0363316.jpg
明治28年高級黒毛和牛専門店の牛鍋屋として開業した老舗です。
本店の人形町に行きたかったのですが、便利な点で新宿高島屋を選びました。
連休中ともあり、今半に一番長い列ができていました。

e0125732_0401112.jpg
昼のすき焼 をオーダー
なんで昼から 『すき焼』 かというと・・・夜だと、高くなるからです。

まずは小鉢ひじきの煮物が運ばれてきました。小鉢特になくてよし。写真なし。
e0125732_044362.jpg
「生卵は大丈夫ですか?」 などと、蝶ネクタイの男性に聞かれました。
卵はお替り?自由です。

e0125732_21402.jpg
すき焼き用の鍋が運ばれ、仲居さんがせっせと準備を始めます。

e0125732_0482915.jpg
お肉が運ばれてきました。「本日のお肉は福島県産黒毛和牛でごさいます。」
とのこと。 よく分かりませんが 「へぇ~。ほぉ~。」 などと相槌をうつ。

e0125732_0485555.jpg
野菜。仲居さんが写真を撮りやすいように位置をかえてくれました。
仲居さんは笑顔でしたが早く肉を焼いてしまいたい気持ちがヒシヒシと伝わってきました。
今半の印が入った麩をもっと上手に撮りたかったのですが・・・

e0125732_134348.jpg
写真を撮り終わると仲居さんが 「待ってました!」 のごとく、
鍋に秘伝の割下を入れ調理を始めました。いい香りが漂います(^~。^)

e0125732_1104424.jpg
予め仲居さんが溶いてくれていた卵に 「熱いのでお気をつけてお召し上がりください」
と、お肉も入れていただきました。
卵をたっぷりつけていただきました。この一口目がどんなに幸せだったか・・・

e0125732_0492233.jpg
割り下がとっても濃いので、ごはんがすすみます。
ごはんもお替り自由です。

e0125732_1222647.jpg
お肉をいれた後の割り下で野菜を入れます。 「麩は野菜のダシが出た中間頃
入れてください」 と言い残し、仲居さんは消えていきました・・・
店舗によっては最後まで付きっきり店もあるらしいのですが、
ワタシは自分で調理してみたいので調度良い引き際かと思います。

e0125732_1263744.jpg
じゅわ~~~っ!!(効果音のみで)

e0125732_1275010.jpg
麩投入!!えぇ~いっ!!肉も投入!野菜も投入じゃぁぁ~!!
すべての旨みを吸い取った麩がうまい~~☆

e0125732_136446.jpg
卵も新鮮でうまい!!ええぃ!!卵もつかいまくれ~!!
足りないと思っていましたが・・・味がかなり濃いのです。危険なくらい、おなかいっぱいです。
一口目が一番おいしかった。『このつゆが入った卵での "たまごかけごはん" なんて
最高なんだろうな』 なんて思いましたが、そんな余裕さえありませんでした。(T0T)今食べたい・・・

e0125732_1461160.jpg
デザートはマスカットのシャーベット 普通のシャーベットでしたが、サッパリでき嬉しかったです。

予想以上に、おなかがいっぱいになったので、今後の予定(前行ったガレットのお店でデザートガレットを食べること)を中止。(T0T)今食べたい・・・初日から予定が崩れだしました(笑)

さて、どうなることやら・・・
[PR]

by potatohead917 | 2007-09-21 01:27 | 県外グルメ


<< 神楽坂散策      marilou (マリールゥ) >>