のんびりニイガタにっき

nongata.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 11日

にゃんこ甘噛み大作戦

お知らせ 「にゃんこ」 カテゴリー追加しました。

e0125732_1612818.jpg
今まで犬のしつけしか知らないので、猫の育て方を勉強中。

眠たくなってきた子猫は人間の子供同様、身体が熱くなってむずかり、
やたら噛みつきたがります。これはこれでかわいいのですが
本人は甘噛みのつもりかもしれませんが時に痛い時もあります(笑)

兄弟ネコがいれば、子猫たちは追っかけっこをし、噛みつき合い
仲間同士の限度(「甘噛み」という加減)も体得していくそうです。

この子は幼くして親兄弟と離れた悲しい境遇なので、
ワタシが親兄弟になっつあげなくてはいけません。

以下が調べたことです。

:::::::::::::::::::::::::::猫のしつけ 甘噛み編::::::::::::::::::::::::::::::::::

1.歯が強く当たった時は大きな声で「痛い!」とネコの目を見て叫ぶ。
 できるだけ高い声で言った方が効果的です。

すぐ実行できそうです。本人は悪気があってしているのではないので
教えてあげる意味でもいいかもしれません。
安田大サーカスのクロちゃん級の声で挑戦したいと思います。

2.噛んできたら軽く鼻をデコピンする。
かわいそう!!読んだだけで切なくなります。絶対できません。

3.ネコのしっぽや前脚をネコの口元に持っていき、それを自分で噛ませてみる。
どさくさに紛れても自分の手やしっぽを噛むなんてことはしないと思うので却下。

4.自分が母ネコになったつもりで、ネコの首筋や手に噛みつく。
(噛み方は適度に加減する。)

究極ですなぁ(笑) 女ムツゴロウさんにでもなってみましょうか!
(噛み方は適度に加減する。)って・・・当たり前です(笑)

e0125732_16521098.jpg
ニャニむずかしそうな顔してるニャー??

本人・・・いや、違った。本猫は何がなんだか分かっていないようですが(笑)

立派な猫に育てるには、幼少期が一番大切だそうです。
ひとつの命を預かった以上、責任をもって頑張りたいと思います。
[PR]

by potatohead917 | 2008-01-11 17:01 | にゃんこ


<< たごさく キティいなり 新潟伊勢丹内      HAPPY LIFE CAFE... >>