2008年 10月 09日

乙女?の金沢 ひがし茶屋街 螢屋

前回からの乙女?の金沢旅の続きですが、
e0125732_20234069.jpg
お昼は到着後に予約しておいた螢屋


お店の中に1歩入ると・・・
伝統的な茶屋建築を残しつつもモダンに再生してある店内にキョロキョロ。
e0125732_20252632.jpg
右側には蔵のような個室 (撮影時は利用中でふすまが閉まってました)


e0125732_20254852.jpg
天井を見上げるとガラスの板のようなものがありました。
何かは把握できずに 「ボケーっ」 と眺めていると、

「どうぞこちらへ~」 とお店の方。



案内されるがままに、階段を上り

目の前に見えたのは・・・
e0125732_20334215.jpg
障子戸につながるガラスの橋!!

天井のガラス板の謎が解けました(笑)
「おぉ!!ス・・・ッケスケ~!!」
高所は得意なのに予想外の出来事に一瞬、戸惑いましたが
お店の方が平気で渡って行くので (当たり前)
ドキドキしながらついて行きました。
数秒後には慣れジャンプとかしてましたが、高所が苦手な人には難所かも!

そうそう、こちらのガラス橋ですが乙女もご安心あれ!
ガラスの真ん中が曇っているので 
1階からの 「パンツーゥ 丸見え~」 も防げますわよ (笑)


スケスケ橋 (勝手に命名) を越え、障子戸を開けると
e0125732_20523175.jpg
なんとも素敵なお部屋に到着。
お店の方が障子戸を閉める度に、大はしゃぎしてしまいました。
e0125732_20565228.jpg
お部屋の外側の障子を開けるとベランダになっていました。
螢屋前は柳があったりするので (1枚目の写真参考)
人気撮影スポットとなっており、楽しそうな声が聞こえます。

賑やかな声に誘われて何度も障子を空けて、外の様子をニヤニヤと眺めていたので
何も知らず螢屋前で撮影していた方の写真には
柳の上から不気味に笑う (焼け止めを塗りたっくって白ビカリした)
幽霊みたいなワタシも写ったことでしょう・・・


注文したお料理は、前日予約不要の
四季の美味をあれこれ取り合わせた 吉文字弁当 ¥3675

e0125732_2123310.jpg
先付 丸いも豆腐と海老のたたきオクラソース
おいし~!そして器がかわいい!!


e0125732_2139101.jpg
吸物 胡麻豆腐と炙りあゆのお吸い物
上品なお味の中にミョウガや、炙ったあゆの香ばしさが
アクセントなってとっても美味しい!!


e0125732_21523823.jpg
綺麗なお弁当


1皿ずつ紹介
e0125732_21404516.jpg
海老やおせんべいなど


e0125732_21452519.jpg
にこごり


e0125732_22233643.jpg
あんかけ粟饅頭


e0125732_2146126.jpg
お造り ちょうちょの飾りがかわいい!!


e0125732_2148743.jpg
もずくごはん


e0125732_21483438.jpg
ほうじ茶


e0125732_21485423.jpg
甘味 葛きり


すべて上品で繊細な味付けで、とっても美味しかったです。
接客も行き届いていたし、お部屋もとっても素敵だったのに
螢屋さんは奉仕料、席料、室料等はかかりません。
大満足のお昼ご飯でした。


まだまだ金沢の旅は続きます~。
[PR]

by potatohead917 | 2008-10-09 22:26 | 県外グルメ


<< ひがし茶屋街 今日香      乙女?の金沢 ひがし茶屋街 >>