2008年 10月 17日

鶴仙渓川床 石川県加賀市山中温泉


宿泊した、吉祥やまなか お部屋に置いてあった冊子に
宿の近く川床がオープンしているという情報を仕入れ
石川県2日目のプランに追加してみました。

川床とは、
川のよく見える位置に座敷で料理を提供する場所のことを言います。

e0125732_2335557.jpg
大聖寺川の渓谷に架かる、あやとりはし


e0125732_2342153.jpg
いけばな草月流家元の勅使河原宏氏がデザインした、S字型の橋。


e0125732_2345014.jpg
あやとりはしのたもとに、お目当ての川床が見えます。
山中温泉観光協会が、秋や冬に比べ観光資源が乏しい
夏季の目玉にしようと今年初めて設置したそうです。


階段や下り坂を降り、川床目指して進みました。
草木が生い茂る中、「何が出てきてもおかしくない」考えながら歩いていると・・・

きれいな色のトカゲを発見!
写真を撮ろうと思ったらあっという間に逃げられてしまいましたが
「おぉ~~!!」 っと、かなりテンションが上がってしまいました!
(ワタクシ爬虫類好きなんです)
未だに何トカゲだったのか名前は不明 (気になります・・・)

e0125732_2353761.jpg
10分かからないくらいで、川床に到着。
鉄人 道場六三郎レシピ 冷静抹茶しるこ がお手ごろな価格で食べれます。


e0125732_2313587.jpg
鮮やかな赤い傘が緑の中で映えてます。
どこに座ろうか散々悩んで一番奥の席へ。床は3畳分のスペースがあり
どこでもベープ蚊取りが置いてあって
本当にありがたかったです (笑)
ワタシ、蚊に刺されやすい上に刺されるとかなり荒れるもんで・・・




早速、道場レシピをオーダー

e0125732_23151345.jpg
冷静抹茶しるこ ¥500
加賀棒茶 (席料) ¥200

さすが、鉄人 道場!!
「大変おいしゅうございました」 (岸朝子風で)




e0125732_23142234.jpg
川のせせらぎを聞きながら、おいしい甘味を食す。
最高でした~!!
偶然知って本当によかったです。


川床を満喫した後は
加賀からまた金沢に戻り 「乙女?の金沢」 再開です!
[PR]

by potatohead917 | 2008-10-17 00:30 | 県外グルメ


<< 乙女?の金沢 collabon...      乙女?の金沢みやげ  起上がり... >>