のんびりニイガタにっき

nongata.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 23日

いも中


新潟某所にひっそりと佇む
e0125732_16321450.jpg
元祖 (?) 石やきいも 新潟やきいもランド

紅あずまを販売とのことで、ワクワクしながら購入・・・
「おじさんは美人さんには弱いから中が黄色っくて甘~いの渡しちゃうよ~!!」

完璧なお世辞はうわの空で、、、

過去 (保育園~小学校まで) 石やきいも中毒 (笑)
だった自分を思い出す。

石やきいも中毒 症状
・幻聴 ・動悸 ・発汗 ・食欲不振

毎週日曜の夜20時頃~最も症状が悪化。
そう、毎週日曜は石やきいも屋さんが来る日!!

基本2階の部屋で待機のワタシ。
当時、家族で観ていた 「元気が出るテレビ」 も落ち着いて観ていられないくらい
聴覚が敏感になり、家族が聞こえない焼きいも屋さんの「ポーーー」という音が聞こえてしまう。
「来る!!!!」 小さな手で握り締めた小銭もジットリと熱くなっていた。
「玄関を出るまでに石やきいもの車がいなくなったらどうしよう・・・」
胸の動悸、そして発汗 (笑)
靴を履くのが煩わしくて雪上を裸足で玄関を飛び出した事もあり。

時には聞こえていないのに聞こえた気がして、「元気が出るテレビ」を
おもむろに消し、窓を全開にし音を確かめるワタシに家族も迷惑していた。
途中、「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」 に浮気した時期もあり
志村けんは大好きだったが、志村をもってしてもワタシの症状は治まらなかった。

石やきいもの車はトラックに大きな高温の釜が積まれていた。
ガソリンの近くに高温タンク・・・
今考えると、大変危険な車だったと思う。
釜からの熱風が煙突に通ることで
「ポーーーーー!!」
っと、大きな音が出ていた。

苦労して手に入れた石やきいもは、
高温で焼かれており、皮がパリパリで分厚くむけた。

はい、これですべて満足。END (笑)
石やきいもは文句を言いながら親が食べる。

一気に食欲不振になる。
買いに行くスリルに魅せられていたらしい。

毎週、毎年買い続けたワタシと芋屋のおじさんの間には
暗黙の了解が生まれた。
ワタシが家から出てこないと、
おじさんはワタシの家の前で車を停車させ待っていてくれた。
幼い頃の私は病弱だったため、よく短期間の入院をしていた。
入院中もおじさんはワタシの家の前で車を停車させ続けた。
ばあちゃんが 「マイコは入院しました」 と言いに行ったそう。

そんな、芋屋もワタシが中学生になった頃には
来るペースが減り、そしていつの間にか来なくなった。

今頃、おじさんどうしているかな・・・
おセンチな気持ちになりつつ、先ほど買った石やきいもを割る
e0125732_16393337.jpg
ぬるい・・・そして白っつ!! (汗)
Repeat 「おじさんは美人さんには弱いから黄色っくて甘~いの渡しちゃうよ~!!
はは~ん。そういうこと・・・。くぅ~~~~おやじ~~~(涙)

最近、スーパーでも石やき芋機が普及しており
店内中に漂う甘ーいかほりにつられ、ついつい買ってしまう今日この頃。
(さすがに購入目当てじゃなくって食べますよ)

それにしても、日曜20時と言えば


元気が出るテレビ面白かったですね。
X JAPAN の YOSHIKIが コンチクショー(笑) と紹介されています。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 新潟情報へ←ランキング参加中。
石やきいも好きなアナタ!クリックお願いします。
[PR]

by potatohead917 | 2008-12-23 17:07 | 新潟グルメ


<< グアムで買ったもの ~馬場パン~      今週のジュース >>