カテゴリ:おでかけ( 54 )


2007年 10月 17日

三鷹の森ジブリ美術館 4 (完)

さて、三鷹の森ジブリ美術館 1 ・ 2 ・ 3 と編集してきて、やっと完結編です。

乗れませんが、『ネコバスの部屋』 へ
ネコバスは思ったより小さかったけど、(本当は実物大にしたかったそう。)
触ってみたかったです。大人は触ることすら許されません(笑)
空気清浄機がたくさん置かれており、子供が跳ねようが転がろうが
とってもクリーンな部屋でした。

次は、映画展示室 土星座 小さな映画館です。
天井には青空と月と星、壁には色とりどりの草花が描かれており、
映写室が透明のガラス張りで中の様子が覗けるようになっていました。
上映映画は 『コロの大さんぽ』 でした。子犬のコロがかわいかったです。

最後に 手こぎポンプの井戸と薪置き場 へ向かいました。
e0125732_118273.jpg
居心地の良い中庭。
中央のガゼボには赤い柱が鮮やかな手こぎポンプの井戸があります。
一生懸命ポンプを漕ぐと冷たい井戸水がでてくるはずなのですが、
ワタシは水が出せなく (汗) スタッフの方が出してくれました。

e0125732_1241490.jpg
井戸水が流れつく先には、顔の形をした蓋。 あらら、耳が内側になってました。

e0125732_1275999.jpg
通称 ニセ出口 きれいです。

e0125732_1364629.jpg
おお、こんな所に・・・

e0125732_1385656.jpg
もう、こんな時間。名残惜しい気持ちを残しながら美術館を後にすることに。

螺旋階段や空中廊下、テラスなどがあり宮崎作品にでてくるような素敵な空間でした。
窓やランプにはジブリキャラクターの描かれた色とりどりのステンドガラスが
はめ込まれていて、太陽の光を受けて、ステンドグラスの鮮やかな色が床にも
こぼれているさまが、とても綺麗で心に強く残っています。

美術館のコンセプト 「迷子になろうよ。いっしょに」 館内には順路はありませんでした。
新潟に帰ってきてから、「トトロのニセ受付行き忘れた(泣)」 って気付き・・・
本当に迷子になってしまったみたいです(^^;)

本当に素晴らしかった。また是非行きたいです。

カフェ 麦わらぼうし で違う季節メニューも食べてみたいし~ ←結局コレ(笑)
[PR]

by potatohead917 | 2007-10-17 01:29 | おでかけ
2007年 10月 15日

三鷹の森ジブリ美術館 3 (全4)

午前中ランチ、と続き、午後の部です。(勝手に分けたんですが)

カフェ 麦わらぼうしで、心もお腹も満たされた後は、再度 『映画の生まれる場所』
残り2部屋を見ました。部屋中が展示です。すばらしいものがありました。

次は 企画展示の 『3びきのくま展』 を見ました。
おとうさんくまおかあさんくまこぐま
留守宅に女の子が忍び込み、好き勝手やっていると、くまの家族が
帰ってきて女の子は必死で逃げ切る。という絵本のお話です。

ワタシは、なんかフツーのハナシ。。。って思っちゃいました。
(多くの大人がそう思うそうです。)しかし、子供達はこのお話が大好き。
なぜ、子どもたちはこの話に惹かれるのかを展示で解説とのこと。
深くは考えず部屋に入りました。

1部屋目には、くま家族の食卓が再現されていました。
巨大な木のテーブルには、大・中・小の椅子。
おとうさんくまの椅子は子供なら4人座れるくらいの大きさ。
大・中・小椅子の前に並べられた 大・中・小の木のボウル・木のスプーン。
ボウルの中には、たくさんの木の実が入っていました。

いつの間にか、くまの家に迷い込んだ女の子の気持ちになって、
つい、大・中・小のすべての椅子の座り心地を調べ
すべてのスプーンで木の実をすくっていました。
おとうさんくまのスプーンは、片手では持てないくらいの重さで楽しかったです。

(今、公式HPを見て思ったのですが、『奔放にふるまった女の子の
“触ってみたい”という思いを体験してみてください。』とのこと。
ジブリ美術館の狙いどおりになっていました。)

2部屋目は、くまの家族がいました。おとうさんくまは3~4mくらいあり、
あまりの大きさにビックリ!!おかあさんくまもこぐまも大きかったです。

今回体験してみて子供の頃、絵本を読んだ時の想像力の豊かさが、
いつの間にかなくなったと実感し、ちょっと寂しくなりました・・・。
知らぬ間に子供に戻らせてくれる、ジブリ美術館ってすごいと思いました。

e0125732_218949.jpg
そろそろ涼しくなってきたので、例の場所へ・・・ 螺旋階段を登ります。

e0125732_2221117.jpg
待ってました!守り神です。ワタシ(172cm) と並ぶと頭が股のところでした。
e0125732_2234677.jpg
細部にわたって丁寧に作られています。感動!!

e0125732_226512.jpg
e0125732_2272054.jpg
草むらの中に落し物発見。

e0125732_2285868.jpg
ファンなら飛びつきます。調子に乗って上部の字を指でなぞったら熱かった・・・

e0125732_2341853.jpg
三鷹の森ジブリ美術館 上から。草がボーボーいい感じです。


長くなったので、一度切ります。(どこまでひっぱるのか・・・)
もうちょっと続きます。次回は完で。(予定)
[PR]

by potatohead917 | 2007-10-15 02:43 | おでかけ
2007年 10月 10日

三鷹の森ジブリ美術館 1 (全4)

今更ですが、東京旅行記の続きです。

前日、六本木ヒルズのスカイアクアを堪能した
翌日9月16日朝~夕のオハナシ

計画は1ヶ月以上前から進んでいました。
9月入場分は、8月10日朝10:00~の発売日ローソンでゲットしたチケットを手に
ついに!! 三鷹の森ジブリ美術館 へ行ってきました。
e0125732_23242375.jpg
トトロがニヤリ☆ワタシもニヤリ☆ 三鷹駅南口からバスが出ます。
e0125732_23254193.jpg
e0125732_2326102.jpg
かわいいバスで行ってきまーす!

5分くらいで到着です。早く行きたい気持ちがあるのかもっと長く感じました。
自然が豊かで蝉の声がうるさいくらいで東京じゃないみたいです。
e0125732_23422993.jpg
おぉ~!ジブリだぁ~!(こちらはシンボル守り神へ向かう螺旋階段です。)

早速入場。館内は撮影禁止(自分の目で見て、体で感じて。という美術館側の方針です。)
受付のフロアの天井にある素晴らしいフレスコ画をゆっくり見たかったのに
入り口ってこともあり、中へ誘導されてしまいました (泣)
大変素晴らしい受付で、踏み台があり子供も大人と同じく自らの手でチケットを
受け取れるようになっています。

チケットは映画の上映に本当に使える35mmフィルム。
くじ運が悪い方なので、嫌な予感はしてましたが、
ワタシのはハウルの動く城のソフィ ら・し・き 小さぁ~い後姿・・・ 案の定。
もう一枚はサツキでかわいかったです。

まずは、『動きはじめの部屋』
アニメーションがどうやって生まれたか、初期のアニメなど実際の展示や模型で
説明されています映画の仕組みがわかりやすく展示されています。
特に、立体ゾートロープ『トトロぴょんぴょん』発光ダイオードの光が明滅すると
トトロやネコバス、サツキとめいなどが、柔らかく動き始めます。何度も見ました。
ワタシ的にはロボット兵の周りでハトが飛ぶ展示があるのですが、
それを見て 「ジーン」 ときてしまいました。展示のすべてが素晴らしかったです。

次は、『映画の生まれる場所』
5つの小部屋で構成。部屋の主の好きなものが集められた部屋で、
アイデアとひらめきが生まれ、映画の製作が始まります。壁、床、机、引き出し、
すべての場所が見逃せません。真剣に見て本当に疲れました。
3部屋でダウン。残りはお昼を食べてからまたゆっくり観賞することに。

e0125732_112146.jpg
外へ出ました。外は撮影可能です。

e0125732_132019.jpg
お目当ての カフェ 麦わらぼうし へ
e0125732_131521.jpg
ポルコ・ロッソの看板ですわ!

e0125732_1333587.jpg
はいはいポルコさん~ちゃんと手洗いますよ~って
「蛇口がジジ~!!タイルもかわい~~~!!」興奮です。

e0125732_144887.jpg
しかし、満席。見る前から薄々気付いて並ぶ気マンマンでしたが (笑)
待合用の場所には大きな赤松の木陰に椅子、絵本などが用意されており
快適に待つことができました。

ちなみに待たず食べれるティクアウト専用のお店もあります。(メニューが異なります)

e0125732_1104870.jpg
ラムネ・麦酒 (ビール) がワゴン販売。早速購入。
e0125732_1385923.jpg
e0125732_1131414.jpg
なんとも涼しげです。
赤いびーだまをリクエストしたのですが売り切れ。

e0125732_1263586.jpg
メニューを見て、あれも食べたい。これも食べたい!どうしよう!!嬉しい悲鳴です。

ルンルン♪していると、順番がまわってきました。


続きは次回で・・・。
[PR]

by potatohead917 | 2007-10-10 00:42 | おでかけ
2007年 09月 25日

SKY AQUARIUM (スカイアクアリウム)

楽しみにしていた SKY AQUARIUM (スカイアクアリウム) です。
2007年7月13日(金)~9月30日(日)までのイベントです。(好評で期間を延長したそう)
e0125732_263122.jpg
e0125732_2101726.jpg
4×4mの巨大アクアリウム パラダイス ラグーン
巨大アクアリウム4m四方の平型水槽を、渋谷、新宿方面に展示してあり
海の世界越しに広がる海抜250mからの東京の眺望が楽しめます。
e0125732_2113719.jpg
パラダイス ラグーンの中。ニモが気持ちよさそうに泳いでいます。e0125732_2115139.jpg
照明が変化しますが、ニモの色が綺麗に見えるのでピンクが一番好きでした。e0125732_2124060.jpg
e0125732_2184369.jpg
パラダイス ラグーン上から
e0125732_2201563.jpg
パラダイス ラグーン中

いよいよ、スカイアクアリウム潜入です。
アートアクアリウム 12人のアクアリウムアーティストによる競演
e0125732_2215777.jpg
水槽の中に ゆうたろう のグラスが・・・
e0125732_2234926.jpg
かわいい(^^*)
e0125732_2251573.jpg
鉛筆くらいの太さの魚
e0125732_226395.jpg
夕日に染まったかのような色の魚
e0125732_2274356.jpg
和が合う金魚


リビングアクアリウム アクアリウムをインテリアの中にアートとして取り入れ、
人と自然の距離を近づけた生活スタイルを提案
そして、驚きの巨大金魚鉢
e0125732_2283665.jpg
下にも金魚がたくさん泳いでいます。
e0125732_230108.jpg
こちらもライトアップで色が変化します。素敵。
e0125732_2334432.jpg
なんか、水槽に木とか刺さっちゃったり、
e0125732_2343793.jpg
シャンデリア入っちゃったり・・・肉眼ではもっとキラキラしてました。
ベットやソファの中に埋め込まれたアクアリウムもありましたよ。

もっと綺麗な写真が 六本木ヒルズのサイト にあります。

魚の説明など一切なく水族館と言うより芸術作品。とっても素敵な時間が過ごせました。


まだまだ東京の旅は続きます。
[PR]

by potatohead917 | 2007-09-25 02:45 | おでかけ
2007年 09月 14日

ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展

友達と古町ランチ後、
行きたかった、新潟三越で開催中の
紙の魔術師 ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展へ お付き合いしてもらいました。
e0125732_2425881.jpg
入場料 : 一般500円 大学生300円 中学生以下 無料

「平日だし、空いてて貸切気分満喫だ~」 なんて思いきや、会場に入ると混雑 (汗)

しかも、綾小路きみまろライブか?と思うほどの中高年の数・・・。ナゼ??

謎は解けました。三越カードを持っている人は無料だったのです。
何も分からないが、とりあえずタダだから入って行こう。的な方が多いと思われます。

e0125732_2541081.jpg
代表作 『不思議の国のアリス』 写真では伝わりにくいですが、
展示会の為に大きくしたものです。幅が1メートルくらいあります。
e0125732_254384.jpg
スイッチを押すと音声と共に絵本がゆっくり開きPOP-UPの様子を
じっくり見ることが出来ます。 
しかし、開ききらないうちに、ゆっくり閉じてしまうので、「もうちょっと~!」 と、
つい念力と送ってしまいます (笑)

e0125732_35174.jpg
(アバウトですみません忘れました) につくられた、仕掛け絵本。
覗き穴から覗くと、遠近感がみごとに再現されています。写真では見えませんが
一番奥に凱旋門が見えます。見る角度によって見える人達も違い、感動しました。

e0125732_3143164.jpg
鮫のPOP-UP 色の付け方が、とてもきれい。
画用紙一面にいろんな色を塗り気に入った部分を切り取り使う手法。

e0125732_3183178.jpg
会場真ん中にある巨大なしかけ絵本 写真では伝わらないと思いますが、
大迫力です。アリスが1メートルくらい。

最後に物販コーナーがあります。ロバート・サブダの本はもちろん
各国のしかけ絵本が販売されていました。

なんやら、分からず入って来た中高年の方々も、しかけ絵本の魅力に
どっぷりハマってしまい2冊、3冊と、お買い上げ!!
さすが、紙の魔術師 ロバート・サブダ・・・中高年のお財布から、お札が舞ってましたよ。

買えないワタシは指をくわえながら見本を観賞。全種類を開いて閉じて読んで・・・
長時間居座ってしまいました。とっても楽しかった!!
あんなに飛び出すのに本を閉じるとすべて本に収納されるから不思議。。。

この迫力・楽しさは写真では伝わりません。絵本が好きな人は是非!!
[PR]

by potatohead917 | 2007-09-14 01:20 | おでかけ
2007年 08月 27日

つばめ200メートルいちび

友達に 「祭り行かない?」 とメール送信
友達からの返事 「まさか、燕商店街の夜祭りじゃないよね??」 と乗り気でない友達を誘い、

8月25日 つばめ200メートルいちびに行ってきました。
e0125732_23445017.jpg
19時30分頃からアーケードの照明が消されライトアップが行われました。


e0125732_23451587.jpg
ところてん、冷えてておいしかった~。たくさんの露店がありました。

e0125732_03381.jpg
真夏のクリスマス?っていう企画だったみたいで、クリスマスソングが流れていました。
なのでクリスマスオブジェも並んでいます(汗)

e0125732_23461519.jpg
ライトアップは赤・黄・青の3色でした。
e0125732_23475134.jpg
ライトアップの正体は、2Lペットボトル容器に色を塗った物 結構きれいです。

e0125732_23492170.jpg
越後もちぶたの串焼き もちろん食べました(^^*)
e0125732_035852.jpg
ちびっ子に配られていた 水あめ でかっ子 (172cm) ですがもらえました。
友達がちびっ子 (150cm) だったからでしょうか・・・(笑)

e0125732_2350108.jpg
ハート型です。ひっきりなしに火が消えるので、商店街の方々が必死で管理していました。

e0125732_23524575.jpg
祭り気分を更に盛り上げてくれる品

e0125732_235310100.jpg
夏、終わりますね (しみじみ・・・) 夏バテしますが、夏が好きなので寂しいです。
[PR]

by potatohead917 | 2007-08-27 00:03 | おでかけ
2007年 08月 19日

津南 ひまわり畑 夜

竜ヶ窪の帰り、再度ひまわり畑に行くことに
e0125732_0165924.jpg
もうすぐ夕日が沈みます。すばらしい景色です。
e0125732_0175342.jpg
夜になって露店が増えてきました。い~匂い(▽*)☆
豚の炭火焼です。おいしかったのに歯が痛くてほとんど食べれませんでした(TT)
e0125732_022461.jpg
夕日のひまわり畑もいいですなぁ。
e0125732_024456.jpg
ひまわり畑の端で、昼からシャボン玉を飛ばすオジサン。
写真家さん達の「夕日と一緒に撮りたい」など厳しいリクエストに一生懸命こたえていました。
e0125732_0262931.jpg
空気が乾燥しているせいか、夕日の前にたどり着くまでにシャボン玉は割れてしまいます。
e0125732_029105.jpg
なぜか、モノマネショーが開催されました。あややのマネおもしろかったです。
e0125732_041828.jpg
ひまわりのライトアップ昼とは全く雰囲気です。
e0125732_031957.jpg
e0125732_0373574.jpg
ひまわりって青空の印象がありますが、夜空の下もステキでした。
e0125732_1291896.jpg
ひまわりクッキー買って帰りました。
[PR]

by potatohead917 | 2007-08-19 01:40 | おでかけ
2007年 08月 19日

津南 ひまわり畑

8月11日のハナシ(まだ歯痛がはじまりかけ)津南のひまわり畑へ行きました。
e0125732_2336621.jpg
たくさんのひまわりたち
e0125732_23365011.jpg
ひまわり迷路挑戦中・・・行き止まりだらけ。難しすぎ あちぃぃ
e0125732_23374135.jpg
また行き止まり・・・早く出して~このまま出れなかったらどうしよう・・恐怖さえ感じ始める(笑)
e0125732_2338951.jpg
なんとか出れた。もう汗だく。ひまわり迷路さんょ、軽い気持ちで入ったことを謝るよ・・・
e0125732_23395898.jpg
露店がいっぱい!雪下にんじんジュースを凍らせて売っていました。
にんじんジュースって、あんまり好きじゃないですが、これはとてもおいしかったです。

暑すぎる・・・非難ってことで 名水100選竜ヶ窪
e0125732_2348382.jpg
竜の口からはつめたくおいしいお水が出ていました。
e0125732_23465077.jpg
本やHPでみかける竜ヶ窪は緑色でしたが、ワタシが訪れたときは霧がかかっており、幻想でした。
e0125732_2355303.jpg
毎分 30トン 日量 43,000トン 水深 1.5メートル面積11,900平方メートルの池の水が、1日1回入れかわるそう。e0125732_23512956.jpg
ひまわり畑のすぐ近くなのに全く違う雰囲気。涼を感じました。
e0125732_23593397.jpg
刺されると恐ろしく腫れるシマシマの蚊を発見(><)急いで竜ヶ窪を後にすることにしました。
[PR]

by potatohead917 | 2007-08-19 01:30 | おでかけ
2007年 08月 10日

ABSOLUT ICEBAR TOKYO

8月6日のブログでカイロと分厚いタイツを
準備した理由は・・・

e0125732_335520.jpg
ABSOLUT ICEBAR TOKYO 東京都西麻布 へ行ったから!!

e0125732_3355043.jpg
とてもステキな外観☆ テンションが上がります。
ABSOLUT ICEBAR TOKYOは氷のバーです。
常にマイナス5度に保たれている店内は、スウェーデン北極圏に流れている
トルネ川から切り出された天然氷を使用しており、店内そのものが
巨大なアイスアートとも言えます。

壁、バーカウンター、テーブルや彫刻、その全てがこの氷でできており、
マイナス5℃の贅沢なアート空間の中で氷のグラスでお酒を楽しめるお店です。

急いでトイレで生足から真冬用の分厚いタイツ足に着替えました。
お腹が冷えやすいのでホッカイロも貼り (年寄りですわ 笑)

e0125732_337479.jpg
銀色の手袋付きポンチョを着せられ準備も完璧!いざ氷の世界へ・・・

e0125732_338298.jpg
二重の扉を抜け入場・・・
扉を開けた途端『フーッ』という声を浴びせられ、ふと見ると店内のお客さんが
すべて外国の方!!(ザ・苦手)
少々不安な気持ちになり、適当に受け流そうと一緒に踊りのステップを合わせると
『フゥゥゥ~~!!』と更に大盛り上がり!!
火に油を注いでしまったようです
ロンリー(たぶんそう思われていた)ジャパニーズガール達は大歓迎され、
戸惑いながらもワタシと友人も、楽しくなってきました。

e0125732_3391782.jpg
45分入れ替え制で一度出ると再入場は不可です。
最後まで入っていたい!雪国育ちの腕の見せ所です。
バーテンダーの方に 「寒くないんですかぁ↑?」 と質問
テンション低めのバーテンダーは 「寒いです。」 との当たり前の答えに
テンションが上りすぎていた自分を確認。恥ずかしく思った瞬間だった。

e0125732_3403358.jpg
ワンドリンク制なのでカクテルをオーダーすることに
ワタシはお酒がニガテですが、ソフトドリンクだと凍るとのことだったので(冷汗)
甘めのカクテルをオーダー(右)友人は早速飲んでます(左)

e0125732_3564681.jpg
アブソルート ウォッカもスウェーデン南部・オフスの蒸留所1箇所で
生産・出荷しているこだわりの品

e0125732_343289.jpg
コップも世界で一番ピュアな氷とも言われる、トルネ川1箇所で採取された
氷を使っているそうで、確かにキレイ。そして美味しい。

e0125732_3445151.jpg
45分間 最後まで入っている人はあまりいないらしい。20分くらい経ちましたが、
まだまだ大丈夫そうです。さすが新潟っ子!!
ワタシ達は重装備でしたが、外国の方はスカート生足でテンション高め!すごい。

e0125732_3451892.jpg
調子に乗って氷のベットに寝たりしました。滑る、落ちるの繰りかえし(笑)
枕もカチカチ。寝転がる時かなり危険です。実際に寝転がる方はあまりいないそう (恥)
この行動が更に外国の方のいじりのターゲットになる結果に・・・ (笑)
e0125732_3465848.jpg
20分くらい経った頃、足の指先がかなり冷たくなってきました。
「そろそろ危ないかもっ」 と、友人に伝えると 「私は大丈夫!」
と、氷のような返事 (笑)

e0125732_452510.jpg
35分後・・・
冷えたせいか、この旅で悩まされていた歯痛が「でんでん太鼓から和太鼓」へ
友人にその旨を伝え、脱出許可をもらい出ることに

e0125732_353112.jpg
言葉は通じませんが、歌にあります。
『世界はひとつ~♪』 って感じで、なぜか仲良しに (笑)
外国の方にシャッターを押してもらった写真は、すべてブレブレ・・・
踊りながら撮ってくれるのでブレるのです (^^;)

暑~い 熱帯夜にすごく楽しい経験ができました。
でんこちゃんはカンカンでしょうけど・・・(汗)
[PR]

by potatohead917 | 2007-08-10 02:27 | おでかけ
2007年 07月 11日

マイクキャップ?

新潟ドンキホーテ内にあるカラオケにいってきました。

かわいいもの発見
e0125732_22135529.jpg
マイクに被せて使います。

かわいいものもあるものだなーとパッケージを見ると・・・
e0125732_22154391.jpg
見慣れない文字・・・。うっ・・・どこ製?韓国かな?
そーいえば カバーからは異国の香りがプーンと・・・えずくワタシ
[PR]

by potatohead917 | 2007-07-11 22:05 | おでかけ